高きを仰ぐ

弁護士 小賀坂徹です。

 

我が母校県立静岡高校(地元では静高と呼ばれている)が、今日も甲子園で勝ち、

春のセンバツでは何と50年ぶりにベスト8に進出しました(夏はもっと勝っている)。

 

ボクが高校在学中に創立100周年をむかえていましたから、

もうすでに130年くらいの歴史がある学校です。

 

伝統校だけに野球部ももともと強く、夏の甲子園では優勝1回、準優勝2回という実績を誇っています。

といっても優勝したのは大正時代でしたから、PLも大阪桐蔭も横浜高校などもない時代でしたが。。

今年のチームは昨秋の東海大会を制しており、かなり前評判も高かったようです。

 

この前の日曜日夜のTBSのスポーツ番組『S☆1』では、特集が組まれ、

お笑い芸人アンジャッシュ渡部氏から、

偏差値70の頭脳派集団、優勝候補の一角などと紹介されていました。

 

『高きを仰ぐ』という校訓、『岳南健児一千の 理想は高し富士の山』という校歌など、

理想に燃えていた高校時代を思い出します。

岳南とは富士山の南という意味ですね。

因みに、校歌はその後『八面玲瓏白雪の 清きは我等の心なり』と続きます。

八面玲瓏(はちめんれいろう)というのは、

「どこから見ても透き通っていて、曇りのないさま。

また、心中にわだかまりがなく、清らかに澄みきっているさま。」です。

 

清らかに澄みきった心で、高き理想を追求したいと、今日の時代だからこそ改めて思います。

是非、勝ち進んでもらいたいですね。

 

そうなれば甲子園に行かねば。

カテゴリー: ブログ, 弁護士より |  高きを仰ぐ はコメントを受け付けていません

コメントは受け付けていません。

カレンダー

6月 2021
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

最新記事

カテゴリー