弁護士 竹中 由重(たけなか よししげ)

弁護士 竹中 由重

神奈川県弁護士会所属

経歴

  • 1999年3月 岐阜県立岐阜高等学校卒業
  • 2004年3月 中央大学法学部法律学科卒業
  • 2007年3月 立教大学大学院法務研究科修了
  • 2009年9月 司法試験合格
  • 2010年12月 弁護士登録
  • 2010年12月 馬車道法律事務所入所
  • 2016年6月 INEST株式会社(東証JQ、現INT株式会社) 社外監査役
  • 2016年6月 特定非営利法人MitoProject 監事(現任)
  • 2018年11月 神奈川県保険医協会指導監査対策委員会 委員(現任)
  • 2020年6月 INEST株式会社(東証JQ、現INT株式会社) 社外取締役
  • 2021年6月 同社 社外取締役監査等委員
  • 2022年10月  INEST株式会社(東証STD) 社外取締役監査等委員(現任)
  • 2023年8月 株式会社ザッパラス(東証STD) 社外取締役監査等委員(現任)
  • 2024年6月 シナネンホールディングス株式会社(東証PRM) 社外取締役監査等委員(現任)

 

 

 

 

主な取り扱い分野

企業法務(コーポレート・ガバナンス業務全般)

相続事件(遺言、税金対策など生前の予防法務を含む。)

交通事故

離婚事件

削除請求及び発信者情報開示請求

債務整理(破産、個人再生等)

等々

 

活動内容・著書

  • 神奈川県弁護士会情報問題対策委員会
  • 神奈川県弁護士会消費者問題対策委員会
  • 福島原発被害者支援かながわ弁護団

欲張りかもしれませんが、スペシャリストであると同時に、ジェネラリストでもありたいと思っています。

弁護士実務でよい仕事をするには、その分野の深い知見とともに、幅広い経験が生きてくると思うからです。

そのため、取扱分野は、自身の対応能力を超えるものを除いて基本的に限定しておらず、わりと多岐に及んでいる方だと思います。

企業等との関係では、上場企業の社外取締役を務めているほか、

医療機関、インターネットプロバイダ、遺伝子等分析検査機関、

学校法人、大手学習塾等からも随時ご依頼を受けています。

個人の方々との関係では、相続事件のご依頼を比較的多く受けております。

遺産分割、遺留分、遺言無効等の相続紛争はもちろん、遺言、税金対策などの予防法務、

金融機関内部マニュアルのリーガルチェック、相続セミナーの講師等のご依頼も受けています。

依頼者の方に満足してもらえるようにいつも最善を尽くしたいと考えています。