こんにちは。弁護士馬奈木幹です。

 暑い日が続きますね。

 そんななか、みなさまご存知のとおり、横浜市長選が予定されています。

 8月22日(日)が投開票日であり、8名もの方が立候補しています。

 馬車道法律事務所の弁護士全員が所属する、青年法律家協会弁護士学者合同部会神奈川支部(長いので・・・以下では、「青法協神奈川支部」と略します)では、今回の横浜市長選が横浜市のあり方を問う重要な選挙であると考え、各候補者の公約比較一覧表を作成しましたので、ご紹介します。

 ここでご紹介するのは8月5日現在のものですが、8月8日の告示日以降の公約比較一覧表を更新しましたら、またご紹介したいと思います。

 また、今回の横浜市長選では、カジノを含むIR施設の誘致の是非が問われています。

 林市長は、IR誘致を強く推進していますが、IR誘致は、ギャンブル依存症、マネーロンダリング、青少年への影響、治安悪化等の諸問題を内包しており、私たち青法協神奈川支部も、法律の専門家の立場からみて、非常に問題であると考えており、この点についての各候補者の考え方は、今後の横浜市政の在り方に大きくかかわり、非常に重要な問題であると考えております。

 そこで、私たち青法協神奈川支部は、横浜市長選の各候補者に対して、今回、IR誘致問題に絞って、公開質問状をお送りしました。勝手ながら回答期限は、昨日(8月12日)とさせていただいておりますが、 現時点において、過半数の方からご回答をいただいているものの、まだ未回答の方もいらっしゃる状況で、引続き、ご回答をお待ちしているところです。

 来週になりますが、回答を集約したものを公表したいと思いますので、こちらも、投票の参考にしていだければと思います。

 みなさま、ぜひ、ご注目ください!!

カテゴリー: Topics, ブログ, 弁護士より |  横浜市長選:公約比較、公開質問をしています! はコメントを受け付けていません

 弁護士黒澤知弘です。

 マリンFMでのラジオ番組「馬車RadiLawFirm」 、明日の放送は私弁護士黒澤知弘と小賀坂徹が担当し、

広島の原爆被爆者であり、神奈川県原爆被災者の会、事務局長、会長を務められた中村雄子さんをお迎えしてお送りします。

(コロナ禍前に撮影した写真です。)

放送時間:2021年8月6日(金) 19:00~19:30

(再放送):2021年8月8日(日) 13:00~13:30

 このラジオを聴く方法ですが、 2通りの方法があります。

 ①(横浜市中区のみ)FM放送86.1MHzで聴く

 ②(全国どこでも)スマホやPCで「リッスンラジオ」アプリを使って聴く

 詳しくはマリンFMのツイッターをご確認ください。

■横浜ハンマーヘッド館内でも流れます→https://www.hammerhead.co.jp/

マリンFM (タイムテーブル)

■「馬車Radi Law Firm

第1、3週金曜日の19:00~30分番組、再放送第2,4週日曜日の13:00~30分番組です。



カテゴリー: Topics, ブログ, 弁護士より |  「馬車RadiLawFirm」放送のお知らせ はコメントを受け付けていません

弁護士小賀坂徹です。

 東京オリンピックの開会式の夕方、何となくそこから最も距離のある場所に身を起きたいと思い、

 かねてから観たいと思っていたビリー・アイリッシュのドキュメンタリー映画『世界は少しぼやけている』を立川まで観にいってきた。

 はるばる立川まで行ったのは、その日立川でしか上映していなかったからで、

特別な理由はない(正確に言うと吉祥寺でも上映していたが、時間が午前9時だったので論外だった)。

 ボクは元来ギターバンドが好きで、ロックの持つ爽快感、疾走感、高揚感(しかしこれらはあくまでも内省的なものに裏打ちされていなければならぬ)を好んでいる。

 そのど真ん中にあるのはEストリートバンドと組んだ時のブルース・スプリングスティーンであり、ちょっと古いがU2やオアシス、アークティックモンキーズであったりする。

 ビリー・アイリッシュは内省的であることを除けば、これらとは真逆である。

 ロックのカタルシスとはおよそ無縁で、むしろ不安であり不協であり、かつ危うさが溢れ出ていて、息苦しいほどの感傷にいざなわれていく。

 でもどういう訳か、彼女にものすごく惹きつけられるのだ。

 2020年のグラミー賞の主要部門を総なめにしたbad guyのPVの独特の映像やあの印象的な間奏のフレーズ、

2021年のグラミー賞のeverything i wanted、007のテーマ曲No Time To Die、それぞれテイストは異なるがどれも圧倒的に心を揺さぶられる。

 もうすぐ2ndアルバムがリリースされてるが(7月30日)、ここでもまた違った彼女が表現されているに違いない(ビジュアルだけでもトレードマークだったネオングリーンの髪はプラチナブロンドに変わり、

白目を剥いた風のカラコンを入れたエクソシストのようなジャケットは、憂いを帯びたバストショットになっている)が、根底にある不安定さはきっと変わっていないだろう。

 さて映画であるが140分もの上映時間のほとんどすべての間、ボクの心臓は強く脈打っていて、

ずっと胸が締め付けられるような感覚に支配されていた。

 それは彼女自身の不安定さを何ら包み隠すことなくさらけ出していたからに他ならない。

 そして、この10代の彼女の不安定さが、ボクの自身の不安定で未熟な心を思い切り揺さぶるからなのだ。

 かつて高野悦子は『20歳の原点』の中で、「独りであること、未熟であること。それが私の20歳の原点である。」と書いたが、現在のオレのおっさんの原点もこれと大差ない。

 揺るぎなき安定を手にすることができればどれ程いいだろうかと思うが、実際は未だに迷ったり悩んだりばかりで、未熟で不安定なままなのだ。

 だから彼女に激しく共鳴してしまう。

 ビリー・アイリッシュもいつか揺るぎなき安定を手にする時が来るのだろうか。

 自己肯定感に溢れた彼女の音楽がどのようなものなのか、それはそれでとても気になる。

自由法曹団通信から転載

カテゴリー: Topics, ブログ, 弁護士より |  『世界は少しぼやけている』 はコメントを受け付けていません

カレンダー

9月 2021
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

最新記事

カテゴリー

RSS FeedRSS Feed